読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

007スペクター 感想

 

 ダニエル・クレイグ版007の4作目スペクター。カジノ・ロワイアル、慰めの報酬スカイフォールとストーリーが続いてるシリーズの終着点と言えるのかもしれない。

 

本作を楽しむためにはダニエルシリーズ1作目からちゃんと見るのをおすすめする。僕自身1991年生まれなので、ちゃんと見たことがある007シリーズはピアース・ブロスナン版のゴールデンアイが初めての作品で、そこからスペクターまで全部見てる。なので、007全体の比較を行うことは不可能であり、見た範囲でしか比較ができない。

 

ピアース版はシリーズにはつながりがなく、物語は1作で完結していく。それに対してダニエル版は3作目を除いてすべてつながっている。

 

ヴェスパー、ルシッフルなども名前が登場するし、すべての謎があきらかになる。

 

ボンドガールのマドレーヌ演じるレア・セドゥええわ。ヴェスパー役のエヴァ・グリーンの次にいいわ。エヴァが個人的に一番のボンドガール。

 


「007 スペクター」最新予告第3弾